MT4の時代


デイトレードは為替レートの動きを常に追う必要がある


t8i43デイトレード(デイトレ)とは日本語で「日計り取引」のことをいいます。その日のうちにポジションを売却するトレード方法です。短時間で取引し、少ない利幅での利益の確定が目的です。

次の日に持ち越す場合、株価の暴落などのデメリットもあるが、これはそれを避けられるメリットがあります。FX海外は常に相場変動がある為、世界の主要国の経済ニュースが値動きを左右します。 寝る前にポジション保有し起きたら大きなマイナスになっていたということはよくある話です。

デイトレは日々の情報をいち早く入手し、リアルタイムで売買しなければなりません。ポジション保有時間が短いため、値動きの大幅変動によるリスクにさらされる確率が低くなります。少ない運用資金での取引も可能になっているのここから始めようと思うが資金が少ないという人にも安心です。数ある通り引き方法の中で人気のあるスタイルとなっているようです。

FX取引取引では口座の手数料は安く設定されていますが、1日に何度も取引をすると総額は結構な額になる場合があります。つまりきちんとしたコスト管理が必要です。コストがかかりすぎては儲けが無くなります。

デイトレードの取引スタイル: デイトレードは為替レートの動きをずっと追う必要があるため、時間に余裕のある人にお勧めです。

勝つ秘訣: 継続的に勝つためには、一度に大きな利益を望むのではなく、コツコツと儲ける方が良いと言われていますが、私の場合は逆です。

コツコツの場合、少なくとも6割を超える勝率でなければ、充分な利益は生まれません。小額で何度も取引し、勝率を上げる勉強をしました。そしてエクセルで為替損益と、スプレッド、スリップのデータを保存し計算してみたところ勝率6割を達成できましたが、残りの4割は損失が多かったのでほとんどプラスになりませんでした。そこから、小さく負けて大きく勝つ方法に変更したところ、私にはその方が向いていることが分かりました。

様々な取引スタイルがありますが、それぞれの基本や特性をよく理解して実践することが重要です。デイトレードはメンタル面が重要とされる取引方法と言われているので、最新の情報を用いてデータを分析し、素早い判断をする能力が要求されます。FXやバイナリーオプションとは、こうした売買のタイミングを考え、リスク回避も配慮し、損得勘定も考えながら取引を決定する判断力が必要になる取引と言えるでしょう。

レバレッジをうまく活用することで小額の証拠金により大きな取引ができ、大きな利益を得ることが可能です。他の金融商品にはレバレッジというような概念を持つものはほとんどありません。そのため倍率というものをよく理解し活用できれば、本当に大きな利益を得ることができます。

メリット: デイトレードのメリットには他にも、積極的にトレンドや世界の情勢に耳を傾けるようになり、外貨為替にも非常に詳しくなることです。外貨関連の金融商品は他にも多くありますが、FXほど頻繁に取引を実施したり、トレンドを確認したりする機会はありません。 この経験は他のハイローオーストラリアというような金融商品にも役立ちます。

リスクヘッジ


FX取引を行うに際して、絶対に外せないものの一つにリスクヘッジがあります。もしもリスクヘッジ無しに取引を行えば、その取引はスタートの時点で既に損失が決定していると断言しても差し支えないくらいです。

リスクヘッジというのは、リスクを回避することです。それは要するに、大切な資産を守り続けるということを意味しています。資産とは、まずは減らさないようにすべきものです。増やすための努力は、その土台の上で行うことなのです。


h8